FC2ブログ

V-TwinMAGNAとその他趣味の日々の備忘録。コメント・トラックバック・リンク大歓迎!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長崎遊学(先日の長崎旅行の意)の途中でおじゃまさせていただいた万国霊廟長崎観音のレポをしたいと思います。つーか今回は泣かします。覚悟しやがれオマイら。

IMGP1275.jpg

万国霊廟長崎観音は長崎県長崎市にある福済寺というお寺にあり、ガメラの上に巨大観音が乗っかっている奇妙な意匠をした観音様である。
かつて福済寺は長崎唐三ケ寺のひとつに数えられたほどの由緒あるお寺だったが、原爆投下時に全壊したとか。(寺のオババ談)
しかし1979年に巨大観音の建立を行い萬国霊廟(先の大戦で死んでいった人々の菩提を国籍の訳隔てなく弔う慰霊施設の意)として生まれ変わった。寺院の内部には世界第3位の大きさを誇るフーコーのほか、太平洋戦争で散っていった名も無き兵士達の遺品が飾られていた。


IMGP1282.jpg
高さ34メートル重さ35トンの巨大観音の胎内にはこれまた巨大なフーコーが仕掛けてあります。長さ25.1メートルで日本最大。世界でも3本の指に入る大きさです。

IMGP1286.jpg
南方の地で奮闘空しく散っていった戦士の遺品が飾られていました。
なんでもこのお寺の住職さんが遺骨や遺品を見つけにいったんだとか。
そして集まった鉄兜は供養のために巨大鉄兜に姿を変えました。

他にもボロッボロに錆び果てたマシンガンなどの遺品が寺院には飾られていました。
それらが語るものは正に戦争という行為の恐ろしさと悲しさでした。


そう、このお寺のテーマはずばり「戦争そして原爆」。奇妙な外見にそそられて近づいた我々は改めて人間の愚かさと業の深さを思い知った次第です。

テーマ:長崎 - ジャンル:地域情報



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 EvilSmith Laboratory, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。