FC2ブログ

V-TwinMAGNAとその他趣味の日々の備忘録。コメント・トラックバック・リンク大歓迎!!

M4PMCにフラッシュライトをつけてみる事にしました。

今回用意したパーツはこんな感じ。
 ・G&P T8 CREE LEDフラッシュライト
 ・G&P ライトマウント
 ・G&P デュアルオフセットレイル・インターフェイスマウント
 ・ライラックスのスイッチコード

CIMG4357.jpg

どうせBLAMか相模湖ピクニックランドでしかサバゲしないんでパーツの選定もある程度絞られてくるかなと思います。千葉のほうにも良いフィールドがたくさんあるっぽいけど、さすがにそこまでは足を伸ばせないのが実状っす。

ライト単体で明るさを試したところかなり明るかったです。
ただライラックスのスイッチコードとの相性が悪い(というかちゃんとネジ締めればスイッチ自体は取り付けできるんだけど内部の接点部分のリーチが足りなくて電池が遊んでしまう)のでスイッチコードの接点側に適当な電気製品(これもライトのスイッチ部分かなんかだったかな?)から持ってきたバネを仕込んだところ上手く光ってくれました。

ちなみに、発光実験の際にまともに覗き込んでもんどりうって苦しんだのは内緒♪
スポンサーサイト



テーマ:サバイバルゲーム関係 - ジャンル:サブカル

近所の人からタダ券・・・もとい招待券をいただけたので有給を取って「第36回東京モーターサイクルショー」に行ってきました。まぁタダでお邪魔しておいてなんなんですが、以前お邪魔したとき(5年位前かな?)とくらべるとパワーダウンしたような気がしないでもありません。

IMG_0125.jpg

特に国内メーカーは、海外メーカーのブースと比較すると既存ラインナップの焼き直しが多く目に付き著しくテンションが落ちています。

もちろん焼き直し自体は否定するつもりはありません。
むしろ既存の販売車種を見つめなおし細かい欠点をつぶしていく姿勢は大いに評価すべきであると私は考えます。しかしそれに終始するのではなく、まったく新しい車種やパーツを市場に投入しユーザーにアピールしていくことも重要ではないのでしょうか。
決しても守りの姿勢だけで乗り切れるほど四輪・二輪業界を襲った不況は甘くは無く、何故売れないか・今ユーザーがほしがっているものは何かを真摯に見つめるべき時です。

安易なラインナップ・デザイン・性能に終始してしまっていては単なるゲタ代わりの乗り物を作るだけの工場に成り下がってしまいます。今大切なのはユーザーの心を揺さぶるような、カタログを見ただけでドキドキワクワクしてくるような夢のある乗り物作りをする企業姿勢です。

F1や遊園地などの「夢」の分野から切り離すようではとてもではありませんが、「乗り物に乗る」ということの「楽しさ」の持つ力を理解しているとは思えません。

IMG_0152.jpg

んでその問題の企業のブースにあった「VT1300CX Fury」。
輸出用の水冷アメリカンなんだけど問題はそのウィンカー。
これね、マグナと一緒。昔っからデカてカッコ悪いと評判悪かった。

あきらかにウィンカー浮いてるじゃんか!

会社の同僚と3人(こないだのラーメンパーティーの面子)で焼肉を食べに行きました。新工場に配置換えになった後輩の様子が気になったので焼肉に誘って話を聞いてみたところ、結構激務であんま元気じゃないとの事。

IMG_0120.jpg

まぁ色々と話をして気が晴れたみたいなので良かった良かった。


あ、そだ!焼肉代はワリカンです♪


テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

久方ぶりのマンガ紹介です。
いや、結構ちょくちょく買ってるんですけど中々コレってオススメなのが・・・・。

今回は「殿といっしょ」を紹介したいと思います。
簡単に説明しちゃうと「戦国時代の4コマ」本当にタダそれだけ。
ですが、さりげなく戦国史から元ネタを持って来ていたりと中々侮れない内容です。

何か最近戦国時代はやっているみたいですけど戦国BASARAや戦国無双のお供に「殿といっしょ」も是非加えてみてください。


殿といっしょ 3 (MFコミックス)殿といっしょ 3 (MFコミックス)
(2009/01/23)
大羽 快

商品詳細を見る


テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

聖天宮に行ってまいりました。
ご覧の通りの天下一武闘会が開けそうな奇妙なお寺は、埼玉の片田舎に存在します。

CIMG4377.jpg

この聖天宮は台湾の貿易商が大病を患った際、神様のお陰で病気が治ったことに感謝して、天の啓示のあった坂戸の地に建立したとの事。なので日本では見られないド派手な概観をしているわけです。

もちろん内部も期待を裏切らない内容になっていました。

>> Read More

テーマ:埼玉県 - ジャンル:地域情報

映画ワルキューレを見てきました。

本映画は第2次世界大戦下のナチスドイツで「実際にあった事件」を元に「実際にいた人達」をモデルにして、歴史に忠実にドラマを描いています。

その事件は「1944年7月20日に起きたヒトラー暗殺作戦」、事件の中心人物であるクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐(1907-1944)をトム・クル-ズが演じています。

第2次世界大戦時、ドイツは占領地から労働力として多くの人々を国内に連れて来ていました。もし、その多数の人々が反乱を起こしたら?その場合の対策として立案されたのが「ワルキューレ計画」でした。
その内容は、有事の際ドイツ国防軍・SS(武装親衛隊)を含む全武装集団を国内予備軍の指揮下とし戒厳令を布告し全ての政府機能を掌握すると言うものでした。反ヒトラー派はこの計画を使うことでヒトラー暗殺後、国内を一気に掌握するつもりでいました。

ノルマンディー上陸直後、シュタウフォンベルク大佐一派はヒトラーを暗殺しクーデターを成功させた後、連合国に対し有利な条件で降伏するために作戦の実行を急ぎます。
具体的な手段は時限爆弾を使うことでヒトラーとその側近達を葬ろうとするのですが・・・・

事件の経過に関しては映画を実際に見ていただけると幸いです。

なお、映画の後の話になりますが、この暗殺作戦の処罰者は合計4,000人にも及びました。以降、軍部内の防諜体制は強化され連合軍側の情報収集は困難になっていきます。しかしヒトラーは人間不信に陥り、「裏切り者」呼ばわりを恐れた将校達は意見をやめ軍事行動は硬直化してしまうのでした。

約1年後にドイツは連合国軍に降伏、ヒトラーも自らの手で生涯を閉じる結果となります。


見ていて思ったことは作戦の立案→実行→終局までの流れがとてもテンポ良い点と、登場人物がとても個性的に描かれている(実に人間くさい)点、それらが合わさってまるで自分もその場で話を聞いているかのような臨場感が伝わってきます。

また第2次世界大戦当時のドイツの街並みが細かく描かれている点も興味深く思います。


今年の春はあまり良い映画が無いように(ヤッターマンもあれもどうかと・・・)思えますが、この映画は「地味に名作」と評価出来ます。

最後になりますがパンフレットの訳で気がついたのですが「サイエンスの申し子であるトム・クルーズ氏がシュタウフォンベルク大佐の役を云々」の部分は正しくは「サイエントロジー教の看板であるトム・クルーズ氏が云々」ではないでしょうか?


映画「ワルキューレ」公式Webはコチラ

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

さてさて、最近になってはじめたオークションでの化石収集ですが、なんだかんだで色々と買い漁っていたらプチコレクションと呼べる内容になってきました。

CIMG4354.jpg


メガロドンの歯・・・・・・2
訳わからん鮫の歯・・・多数
イスルス鮫の歯・・・・・1
アンモナイト・・・・・・・・2
モササウルスの歯・・・10

そろそろ大物が欲しいところです・・・・。


テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

先日のチョコのお返しにお食事に誘ってみました。

川越の丸広で待ち合わせしてステラへ。

なんだかんだで話が弾んでお店に4時間もいてしまいました。
やっぱ一緒にお酒飲んで楽しいというのはとても大切ですね。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

以前書きましたが、私は古生物大好き人間だったりします。

あまりにヒートアップしすぎて、またもややってしまいました・・・・。

『ムッチャデッカイ古代鮫カルカロドン・メガロドンの歯化石』


CIMG4349.jpg

以前購入したものよりもかなり大きいものが手に入りました。
割れがありますがそれ以上にこれだけのサイズが手に入ったことに満足しています。


テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

会社の同僚でもあり、友人のY氏とステラに遊びに行ってきました。

IMG_0107.jpg

Y氏は家も年齢も近いせいか、話も合うので時々一緒に飯を食ってたりします。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

私はぶっちゃけシール大好き人間です。

持ち物が他人と一緒というのが我慢ならないので、パッチ付けたりシール張ったり無駄に自己主張してしまいます。個人的にはこういう感じで「自分のお気に入り」のアイテムに仕上げることで愛着が沸き、結果として物を大切にすることにつながるのではと考えています。

CIMG4358.jpg

誰かの作ったトレンドよりも自分で作ったスタイルのほうが魅力的だと思いません?


テーマ:雑貨 - ジャンル:趣味・実用

今日から1ヶ月間、修理部門のお手伝いをすることになりました。
元々が生産をしたい気持ちがあったので、ぶっちゃけムチャクチャ嬉しいです。

1ヶ月頑張って修理をマスターしたいと思います。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2009 EvilSmith Laboratory, All rights reserved.