FC2ブログ

V-TwinMAGNAとその他趣味の日々の備忘録。コメント・トラックバック・リンク大歓迎!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第8回目の音楽紹介ですが今回はOFFSPRINGのAMERICANAを紹介したいと思います。
アメリカカリフォルニア州オレンジカウンティ出身の4人組でバンド名の意味は「バカ息子」だそうです。
結成は84年。ブレイクしたのが94年のアルバム「SMASH」ですから10年間にも渡る下積み時代をすごしたことになりますね。
音楽性は非常にアップテンポで前向きな曲(英語分からないけど、たぶんそう)が多く、とにかくひたすらポジティブな感じで聞いていると元気出てきます。

今回紹介するAMERICANAは98年製作のアルバム5枚目(くらいだったと思う)でOffspringを語る上で欠かせないような名曲がわんさか入っていて、強くオススメしたい一枚になっています。

下記のYOUTUBEリンクは「Kids aren't alright」。歌詞はけっこう悲しいことを歌っているらしい。が、曲調自体はアップテンポ。
>> Read More
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

3年ほど前になりますが、今回は秩父地方大滝村の山奥に氷柱があると聞き、大学仲間のFinefieldとRavenと共に氷柱探しの旅に出たときの話をアーカイブから紹介したいと思います。


埼玉県秩父地方に存在する埼玉県最大規模の面積を誇る大滝村(現:秩父市)、その大滝村三十槌地区に毎年1月下旬から2月下旬まで巨大な氷柱が見られる場所が存在する。サイズは幅約50メートル、高さ約8メートル程度。

DSC00379.jpg


氷柱の周辺には何も存在しない。強いて言うなら山がある程度だろうか。しかたがないのでなるべく近くの公共施設の駐車場に車を駐車し歩きで向かった。路面をしばらく歩いた後、今度は急な斜面に作られた山道を下る。沢まで降りると、そこには氷の芸術品があった。
>> Read More

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

K-Hobbyさん主催のインドアサバイバルゲーム会に参加してきました。

CIMG2741.jpg


参加者は30人前後と結構な人数が集まりました。
ミーティングそしてチーム分け後にゲーム開始となったわけですが、ものの見事に撃たれまくりでした。ホント良いとこ無し。
どうも迷彩服めんどくさいのでジージャンジーパンでやったら、フィールドで目立ちまくってたみたいです。
実際迷彩服はウッドランドにしろOD色にしろやはり効果あるように思います。倉庫の中なので野外での使用を前提にしたデザインの迷彩は効果ないだろと思っていたのですが、迷彩着ている方はやはり見つけにくい印象を受けました。

それとセミオート・オンリーだったのでやはり照準から目を離すとあたりません。落ち着いて狙いを定める心の余裕が必要なようです。敵の有無を確認しつつ迅速に移動し、そして目標に正確に撃ち込む感じで。

初めてのインドア・フィールドということで非常に得るものは大きかったかなと思います。それに和やかな雰囲気の中ゲーム会が事故もなく無事に終了して本当に良かった。よいゲーム会に参加できて充実したひと時をすごすことが出来ました。


主催者:K-Hobbyさんホームページ
会場:BLAMさんホームページ
というわけでマンガ喫茶で一晩明かして行動開始。
朝の秋葉をフラフラしていたのですが、末広町の交差点で事故の後を発見。

Image007.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

お仕事終了後に、日曜日のサバイバルゲームで必要な装備を秋葉原のECHIGOYAさんへ買いに行くことにしました。
定時のベルが鳴り止むか鳴り止まないかでダッシュして電車に乗ったんですが、覚悟していたラッシュもなく凄くスムーズに付きました。
時間的に現地で一泊して、買い物は明日ですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

28日のインドアサバイバルゲーム会に使用する装備を準備しました。

CIMG2721.jpg

持ってるベストからマガジンポーチ類を取り外してベルト周りに装着。最近のベストはポーチの取り外しが簡単に出来る規格のもの(MOLLEシステム等)が主流になりつつあり、自由にポーチを配置できるようになっています。
重量が増えると腰に負担が掛かるのでベルトにはパッドを取り付けてあります。
なるべく日曜日のサバイバルゲームに掛かる費用を安く済まそうと思っていたにもかかわらず、ついついK-Hobbyさんで新しいエアガン買ってしまいました。東京マルイから発売されている電動コンパクトサブマシンガン「MP7A1」です。中古だったのでかなり安く手に入りました。


CIMG2746.jpg

質感は非常に良いです。おもちゃっぽさも無くズシリと重い。特にガタツキに関しては皆無です。
肝心の実射性能ですが7.2Vマイクロバッテリーのためか(フルサイズの電動ガンは8.4V)いまいちレスポンスがよくない感じがします。射程距離とかはインドアで使う分には十分なんですけどね。そこで容量の大きいバッテリーを外付けできるようにしてみました。
なんてこったー!!

有給残り日数1日だってーーーっ?!








有給休暇のご利用は計画的に

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

だめだこりゃ・・・・

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

いつもお世話になっているK-Hobbyさん主催のインドアサバイバルゲームにエントリーしてきました。
サバイバルゲーム(以下サバゲ)って何よ?という方のために大雑把に説明しますと、「おもちゃの鉄砲で撃ちあう遊び」という感じになります。
つまりエアガン持って、相手チームに見つからないように迷彩服を着て、フィールドを走り回って、敵を見つけたらパンパン撃ちまくって、向こうが撃ち返してきたらスタコラ逃げまわる。んで撃たれたら「HIT!!」と自分が撃たれてゲームオーバーとなった宣言を周りに聞こえるように叫んで所定の待機場所に退場するといった感じ。
ちなみに撃たれた箇所によっては「イテェーッ!HIT!!」とか「フンギャー!HIT!!」等オリジナリティあふれる命中宣言が出る場合もありますね。

んで昔々、若かりし学生の頃は時たまサバゲで遊んでいたわけですが、社会人になってからはトンとご無沙汰。●年くらいのブランクの後に今回の参加登録と相成ったわけです。
まぁ、前からK-Hobbyさんには遊びに誘っていただいてたんですけど、中々都合が付かなくてやっとの復帰になってしまいました。

参加登録は済ませたんですが、問題はこの●年間まるで運動していないという点です。以前やっていた時と現在の相違点ですが、

☆ン年前の私☆
・若い。無茶苦茶動ける。
・視力2.0。飛んでくる弾を目視確認後回避可能。
・必要な装備はそろっている。
・なんだかんだでちゃんと運動している。
・超貧乏。

☆現在の私☆
・最近お腹が出てきつつある。動けるのか?
・仕事でパソコン使う関係で視力が落ちている。
・装備はあるがちょっと時代に遅れつつある。
・まったく運動していない。
・そこそこ自由になる金がある。

正直オッサンになった実感をヒシヒシと感じますが、何とか頑張ってみましょう。

それにサバイバルゲームは勝負事では無いと私は考えています。
そりゃ勝てれば一番いいでしょうけれど、でもそれよりも参加者がケガ無く楽しいひと時を過ごすことが出来る事こそ重要なのではないかなと思う次第です。


主催者:K-Hobbyさんホームページ
会場:BLAMさんホームページ
下戸な私ですが、仲間と飲む酒はやはりおいしいですね。
先日に続き06年秋の長野ツーリングのレポートですが、今回は小説「真田太平記」などで有名な真田一族の城、上田城のレポートです。

CIMG2451.jpg

>> Read More

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

今日はお昼からセミナーに出席するために電車で移動。
移動に1時間半も掛かってお昼食べる時間が全然無かった・・・・。
帰りに雨降って来たりとなんだか大変だった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

昨年秋に長野ツーリングに行った際に見た松代城のレポートです。
当日は丁度真田祭りをやっていて行列とか見れました。

CIMG2405.jpg

>> Read More

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

忘れた頃にやってくる久しぶりの音楽紹介ですが、第7回目の今回はEvanescenceFallenを紹介したいと思います。
アメリカアーカンソー州リトルロック出身の4人組のロックバンド(でいいのかな?)で、名前はエヴァネッセンスと読みます。
音楽のテイストはゴシック・メタルとかオルタナティブ・メタルとかそういった感じ(PVとかは無茶苦茶ゴシック調)で決して軽い音ではありません。ボーカルのエイミー・リーの歌声が凄い伸びのある美しい歌声で、しかも力強さと繊細さをとても上手に使っていて冗談抜きに聞き惚れてしまいます。そしてそれにヘヴィなギターサウンドが加わり壮大さと音の広がりををさらに引き立てている感じです。

今回紹介するFallenはメジャーデビュー第1作のアルバムで、製作途中にキーボーディストのホッジスが脱退するアクシデントを乗り越えワールドセールス1400万枚を記録。グラミー賞で最優秀新人賞と最優秀ハードロック・パフォーマンス賞を受賞した。

下記のYOUTUBEリンクは「MyImmortal」。エイミー・リーのボーカルとしての力量がビシビシ伝わってくる。



フォールン フォールン
エヴァネッセンス (2003/08/27)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る


Evanescenceソニーミュージック内日本公式ページ
Evanescence Eve ジャパンファンサイト
ヤマダ電機新狭山店の向かいにある洋食屋さん「ニューロッキー」でO氏と晩御飯を食べてきました。

CIMG2717.jpg


実においしかったです。掛かってるソースが凄いおいしくてやわらかい肉と相まって絶妙な味になってます。
チーズと牛のたたきとサーロインステーキ、あとメロンソーダを食べたんですが、その全てがおいしかった。
安いといえるような値段設定では決してありませんが、それでも又行きたくなる素晴らしい料理を提供してくれるお店です。

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

・アマチュア無線4級
・危険物取扱者乙4類
・フォークリフト運転免許


とりたいなぁ・・・とろうかなぁ・・・・

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

今日は半休貰って市役所へ行ってきました。
混んでるイメージがあったんだけど全然待たないで済みました。
んでせっかく来たんで市役所の中をフラフラしてみたんですが血圧計とかかりんとう屋さんとか「え?何故こんなものがここに?」みたいな発見が結構ありました。あとチラシがおいてあるのでソレ読んだり。
意外と市役所って面白いですね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

とうとう携帯機種変更しました。SOFTBANKの911SH(Sharp)です。

CIMG2710.jpg


画面は凄いきれいなんだけど、正直ワンセグは電波状況が良いところじゃないと見れたもんじゃない。オマケどころか運がよければ見れる程度。

CIMG2712.jpg

おまけに表面がテカテカしてるので指紋やホコリが目立つ目立つ・・・・

一番困ったのは料金コースが説明受けてもさっぱり良く分かりませんでした。正直毎月いくら払えばいいのかも分からない。孫さんが社長になったときに「わかりやすい料金プランを」って言ってたと思うんですけど・・・・。
最新作「メタルギアソリッドポータブルOPS」の売り上げも好調なメタルギア・シリーズですが、素敵な動画を見つけました。
メタルギアソリッド3のラストでオセロット少佐がスネークについに追いつく場面があるのですが・・・・



なんて結末に・・・・

テーマ:メタルギアソリッド総合 - ジャンル:ゲーム

誰もがその名を知っている映画のひとつに「スターウォーズ」シリーズを連想する方は多いと思います。宇宙を舞台にしたジェダイの騎士とその仲間たちの冒険に心躍らされた方も多いと思います。
私もライトセイバー欲しくてたまりませんでしたよ、ええ。

普通のお脳をされた方なら「欲しいな」で諦めてしまいますが、私のような「ド」が付くようなアホは「欲しいな=よし、手に入れよう」という方程式が本能で身に付いているので実際に手に入れようとするわけです。

んで、探してきたのがコレ。

CIMG2640.jpg

マスターレプリカFXライトセイバー[ダースモール仕様]です。

Kホビーの天井からさり気無くぶる下がっていたのを見つけたときにはまさかモール仕様があったとはとびっくりしたもんです。

EvilSmith「念のため聞くけどさすがに光刃部は形成されませんよね?」
店員さん「そりゃ無理だけど、でもちゃんと光るし、振り回すと音しますよ。」
EvilSmith「な!なんとくだらないこだわりよう!是非とも売ってー!」

こんなバカ丸出しの会話の末ついに手元にやってまいりました。

CIMG2642.jpg

ハコから出すとこんな感じ。見た目、蛍光灯に柄が付いてるように見える。
昨年末から公開されている映画「硫黄島からの手紙」を見てきました。

クリント・イーストウッド監督の父親たちの星条旗に続いて、第2次世界大戦時(1945年)の硫黄島の戦いを今度は日本側の視点(主に硫黄島の指揮官「栗林忠道中将」とただの一兵卒「西郷」)に立った構成の作品です。
劇中の栗林中将の手紙は、彼の手紙を後にまとめた『「玉砕総指揮官」の絵手紙』(栗林忠道・著 吉田津由子・編)を基にしています。
そこにアメリカ留学の経験を持ち進歩的な発想の栗林を良く思わない古参の将校の思惑や陸海軍の反目等を絡ませて、当時の疲弊し末期的症状に陥った日本軍の状況を強く描き出しています。

CMでも使われていた「我々の子供らが日本で1日も長く安泰に暮らせるなら、我々がこの島を守る一日には意味があるんです」の台詞が表す通り、栗林中将は玉砕を頑なに否定し、地下陣地を築き限界まで持久戦に持ち込みます。硫黄島は面積22平方Km程度のちっぽけな島ですが、東京とサイパンのほぼ真ん中に位置し、平坦な地形から飛行場に適しています。つまり、硫黄島はアメリカにとって本土爆撃の障害となる厄介な目の上のタンコブであると同時に、硫黄島を押さえればサイパンからの爆撃機の飛行距離を半分に減らすことが出来るので、栗林中将以下20000人以上の日本兵が決死の覚悟で『時間稼ぎ』を行わなければならなかったわけです。

当時の難しい状況は置いておくとして、軍隊という感情の入る余地の無い組織の歯車でありながらもその素顔は、家族を愛す夫であり子供を大切に思う父でもある、普通の人間であるように描かれています。

No1に輝くような映画ではないかもしれませんが、名作・傑作として強くオススメできる作品です。

ちなみに現在、硫黄島は島全体が軍事施設(海上自衛隊とアメリカ海軍の基地がある)なので東京都の許可がないと上陸できません。

『硫黄島』2部作公式サイト
『硫黄島の戦い』解説(Wikipediaより)

テーマ:硫黄島二部作 - ジャンル:映画

みなさん新年あけましておめでとうございます。
本年度もEvilSmithLaboratoryをよろしくお願いいたします。

さて、大掃除の続き・・・・は置いておいて、信長の野望OnLineでまた遊んできます。

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 EvilSmith Laboratory, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。